「色別標高図」に関する注意

色別標高図は、標高の変化を陰影(太陽光線が地表に入射する際に,地表の凹凸の程度や方向によって明るく見えたり暗く見えたりする現象)と段彩(標高の段階的な色分け表現)の効果を用いて視覚的に表現したものです。

色別標高図を作成するためのオリジナルデータは、基盤地図情報(数値地形モデル)および日本海洋データセンターが提供する500mメッシュ海底地形データです。さらに、国土地理院の所有する各種の数値地形図デジタルデータを用いて、水涯線と湖沼の内水面を重ね合わせています。

基盤地図情報(数値地形モデル)については、ほぼ全国でシームレスに整備された10mメッシュと、測量地区毎・種別毎に整備されたより精度の高い5mメッシュが存在します。本タイル作成にあたっては、10mメッシュの数値地形モデルを基調としておりますが、もっとも解像度が高い2階層(ズームレベル14/15)に関しては、5mメッシュを補うことによってより微細な地形変化を認識できるようにしています。しかしながら、測量地区や種別の境界部分においては、数値地形モデル値に微妙なオフセットが生じる場合があるため、陰影・段彩の視覚化にあたって、段差のようなものが生じる場合がありますのでご注意ください。

参考:http://www.gsi.go.jp/common/000076319.pdf